2020年05月22日 13:40

チアダン 実話 本人 (3)
2020年5月22日(金) 放送、TBS系・日本を応援!映画「チア☆ダン」
20時57分~22時54分




2009年3月、福井県立福井商業高等学校チアリーダー部「JETS」が、全米チアダンス選手権で優勝をもとにした実話「チア☆ダン」を今夜放送。


ごくフツーの女子高生がチアダン部を設立したきっかけは、厚木高校の全米大会での優勝演技の動画を見たこと。青春サクセスストーリー映画の中でも他より突出しているのは、物語の結末として全国制覇、更には全米制覇という1番のこれ以上ない成功に辿り着いたことが大きい。文句ない結果出しているので、どういう道筋を辿ったとしても批判なんてできない。





今回は、チアダンの実話になった本人たちのその後についてまとめてみた。







■目次

チアダンとは
チアダンあらすじ
チアダンの凄さ
福井商業高校実話の本人たちの現在

チアダンとは




チアダン 実話 本人 (4)



チアダンとは、2009年3月に普通の女子高生チアリーダー部が、本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高等学校の実話を映画化したタイトル。 福井県立福井商業高校チアリーダー部は、2006年に創部され、2009年の全米チアダンス選手権から数えて、2016年現在では通算6回の優勝という偉業を成し遂げている。





2006年に部活動を開始し、その3年後全米チアダンス選手権大会優勝を成し遂げ「JETS(ジェッツ)」は元バトン部。野球部の応援が主な活動で、大会には出場したことすらなかったが、当時の担任だった五十嵐裕子先生が神奈川県立厚木高校の全米大会での優勝演技をテレビで見たことがきっかけで 「生徒にもやらせたい」と強く思い、チアリーダー部を創設した。



しかし、バトン部は50年という歴史ある部だったために、保護者たちから猛反対。60人近くいた部員も激減し、1年生の9人だけになってしまう。 部の存続が危ぶまれたが、五十嵐はあきらめず、厚木高校を優勝させた前田千代コーチを招き、厳しい指導やトレーニングを取り入れる。結果、当時の1年生たちが3年になった最後の年に、見事優勝をすることができた。





参照wiki




目次にもどる

チアダンあらすじ


チアダン 実話 本人 (5)



友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に入学する。
中学からの同級生である山下孝介(真剣佑)を応援したいと思った彼女は、チアダンス部に入る。だが彼女を待ち構えていたのは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。




先輩たちが次々と辞めていく中、同級生のチームメート玉置彩乃(中条あやみ)と切磋(せっさ)琢磨しながらチアダンスに打ち込むひかり。

チームは一丸となってトップを目指していくが……。




参照wiki








目次にもどる

チアダンの凄さ



チアダン 実話 本人 (6)

福井商業高校が全米選手権で優勝し、チアダンという実話を元に映画になったが、これは本当にすごいことなのか?よくわからない人もいるだろう。



管理人も気になって調べて見ると、チアにはいろんな大会があり、その中の一つで優勝しただけのように見える。




「チア」と調べればてみれば種類が複数あり、国によって技術や技はさまざま。

チアリーディング本場のアメリカでは、当然、学ぶ人たちは日本よりも多い。ダンス・アクロバット・男女ミックスなど、種目があり、小学・中学・高校など の大会もある。



そして、学ぶ人が多い分、アメリカ国内でもいろんな大会ある。
ただ世界大会となると、どの学校も出られるスケジュールと言うわけではないので、種目を決めて参加している。



だから、日本人のように小柄でも規定をクリアする競技であれば、優勝するチャンスはある。


それでも、一つの世界大会でも優勝できるというのは、凄いこと。

本場のチアリーディングで生計を立てている女性たちは、175cmクラスでの美形ばかり。日本人や東洋人は ごくわずかしか在籍していないことを考慮しても、福井商業高校がどれだけ凄いことをやり遂げたのかがよくわかる。




ちなみにドラマ版の「チアダン」は、映画「チアダン」(全米制覇した)の数年後という設定だそうで、映画とは違う話となっている。なので、ドラマのチアダンはフィクションで、映画はノンフィクションになる。



目次にもどる

福井商業高校実話の本人たちの現在




チアダン 実話 本人 (1)


実話の福井商業高校はその後、全米5連覇をしているので、福井商業高校チアリーディングは、世界中のどの大会でも参加していれば、ほとんどの場合で好成績を残している。





それだけ福井商業高校のレベルが高い。

福井商業高校の影響なのか、同じくマーチングバンドの大会でも、日本が世界大会で常に1位になっていて、日本のチームが世界大会に出場した場合は、おそらく100%の確率で1位になるほど。



それだけ、実話の元となった福井商業高校は「チアーダンス」の強豪校になっている。



実力は日本で言えば1位か2位なのだが、参加している高校も少なく、とてもマイナーな競技なのは、現在も変わらない。ポンポンダンス、ラインダンス、ジャズダンス、ヒップホップなど、YouTuberがやる誰でも参加しやすく「踊ってみた」の延長線上にあるような競技。踊って採点されるような競技なので、日本で流行する要素はあまりないのかもしれない。






初制覇メンバーでもある実話本人の三田村真帆さんは、取材に当時の心境を語っており「全てを吸収しようと必死だった。優勝したときは言葉にならないほどうれしかった」と振り返っている。ちなみに、三田村真帆さんは卒業後、チアダン部のコーチを務めている。
チアダン 実話 本人 (2)


映画「チアダン」のアメリカ撮影にも同行しており、 全米初優勝からこれまで全米大会を含め7度優勝するほど名コーチとして活躍している。















スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを残す
「※、米、>>」でコメント欄へのポップアップ付き安価が飛ばせます。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ページトップへ戻る