2020年05月24日 14:40

ロバートダースト事件 (5)
2020年5月24日(日) 放送、フジテレビ日曜THEリアル!「世界法廷ミステリー」
20時00分~21時54分





純資産約6200億円の大富豪の周囲で起こる「ロバートダースト事件」の真相を特集。



およそ44億ドル(約5340億円)の資産を保有するニューヨークの不動産一族の一員であるロバート・ダースト。大富豪一族にして4タイムズスクエアや1ワールドトレードセンターを所有するニューヨークの不動産王の彼の周辺では、妻が失踪し、親友が何者かに射殺され、隣人がバラバラ遺体で発見されるなど不審な事件が相次ぎ「疑惑のミリオネア」と長年呼ばれてきた。





今回は、ロバートダーストの黒いウワサ、現在や事件の概要についてまとめてみた。







■目次

ロバートダーストとは
アメリカの裁判
ロバートダースト事件で有罪にできなかった理由
ロバートダーストの現在
ロバートダースト事件は無罪になる?

ロバートダーストとは



ロバートダースト事件 (3)





およそ44億ドル(約5340億円)の資産を保有するニューヨークの不動産一族の一員であるロバート・ダースト。


2015年、親しい友人だったスーザン・バーマンさんが2000年に殺害された事件をめぐる殺人容疑で、ルイジアナ州ニューオーリンズで逮捕され、ロサンゼルス(Los Angeles)で訴追された。




裁判で有罪となれば、死刑が言い渡される可能性もある。  


ダースト容疑者は、ケーブルTV局HBOが6回シリーズで制作し高評価を得ていたドキュメンタリー番組「The Jinx: The Life and Deaths of Robert Durst(悪運─ロバート・ダーストの人生と死者たち)」の最終回の撮影中、意図せず過去の複数の殺人を告白してしまったとみられている。




最終回では、ダースト容疑者が「一体俺は何をしたんだって?全員殺したんだよ。もちろん」とつぶやく声が流れた。これはトイレを使った際の独り言で、ワイヤレスマイクのスイッチを切り忘れたことに気付いていなかったとみられる。  


容疑者が本気で犯行を告白したのかどうかは不明だが、報道によれば、ロサンゼルス州の警察当局は、容疑者逮捕の決定にこの番組が影響を与えたことを認めている。



スーザン・バーマンさんは、2000年にビバリーヒルズの自宅で後頭部を撃たれて殺害された。バーマンさんは翌日、1982年にニューヨークで失踪したダースト容疑者の妻、キャシー・ダーストさんに関する捜査を再開した警察による聴取に応じる予定だった。



キャシーさん失踪に関する捜査では、ダースト容疑者を結びつけようとする試みはことごとく失敗していた。だが、今回のHBOのドキュメンタリー番組は、ロサンゼルスの大物ギャング、バグジー・シーゲルの一味の娘であるバーマンさんが、ダースト容疑者のために偽のアリバイを証言したことを示唆する証拠を明るみに出していた。



バーマンさんが殺されてから1年後、ダースト容疑者は、テキサス州ガルベストン湾に切断遺体が浮いた隣人を殺害した容疑で逮捕されている。この事件では、隣人殺害の証拠が山のようにあったにもかかわらず、弁護士が正当防衛の主張に成功し、ダースト容疑者は無罪となっている。

ロバートダースト事件 (4)



AFP news







目次にもどる

アメリカの裁判







訴訟大国アメリカでは、それぞれの分野に特化された弁護士がいる事で有名。

刑事事件専門、民事・遺産相続・著作権など勝率が高い弁護士たちを優秀な弁護士として仕事の依頼が舞い込んでくる。



日本では勝率などを宣伝できない。

それに、日本の刑事裁判は基本的に証拠裁判。犯罪の証拠が立証された場合、有力な証言が証拠と認められた場合は何百人優秀な弁護士を選任しても無罪にはならない。クロはどこまでいってもクロ。単に時間と金の無駄になるだけ。但し、限りなくクロに近いグレーの場合は弁護士の腕によってはシロになる場合とクロになってしまう場合がある。




一方、アメリカでは陪審制の採用が大きい。

陪審へのアピールが上手な弁護士は高い報酬を取る代わりに、高い無罪率を誇っている。


アメリカの陪審員制度は、日本と違って量刑までは決めない。
有罪か無罪かを判断するだけなので、有罪となれば、裁判官が量刑の判断をする。




そして、疑わしきは罰せずと言うのが基本があり、印象として絶対に犯人だろうと陪審員全員が思っていたとしても、検察側での立証不足や検察側の証拠や証言に対して弁護士側が合理的に疑問を提示できれば、無罪にできる。


また、判断は陪審員の全員一致が必要で、一致しないと話し合いがいつまでも続く。


有名な事件では、O・J・シンプソン。
彼は、民事は刑事とは異なり、陪審員の7割の意見一致で確定した。(刑事事件のときにお金使いきって弁護士変えたのも敗訴の原因といわれている)


因みに、印象操作は戦略で常套手段。
出廷する際には、普段背広を着ない人も着る様に指示されるし、これは日本でも同じ。あからさまに、被告人に不利な場所で裁判を行なったり、陪審員の人選がなされることもある(人種的なもの)。





目次にもどる

ロバートダースト事件で有罪にできなかった理由



ロバートダースト事件 (1)


ロバートダースト事件は「お金さえ積めばなんとかなる」を愚見化した事件であり、優秀な弁護士を選任でき、その結果満足の行く弁護活動ができた。




優秀な弁護士を選任することにより、被告人に犯罪事実があるかに疑念を抱かせ、有利に持って行くということはお金がないとできない。刑事事件においてはアメリカは、「間違った有罪より、間違った無罪のほうがまし」という考え方なので、陪審員に疑念を抱かせれば無罪に持って行ける。たが、民事事件は別。




アメリカですぐ裁判沙汰になるのは人種・民族・出身国・常識が異なるので、とりあえず共通の土俵として裁判の場に乗せようということ。これは、こじれた末に訴訟に持ち込む日本とは正反対な考え方。



なので、裁判の在り方が根本的に違う。

「次の裁判」つまり上告に関しても、これは陪審員や裁判員以前の問題で、アメリカでは刑事事件の場合、無罪と評決されれば、検察側は上告できない。被告側のみ上告できる。(条件を満たせば、再審理もあるが、これもまず、めったに行われない)



なので、これは裁判員の判断の問題と言うよりも、裁判制度自体の違い。

アメリカの陪審員と日本の裁判員の違いは、人数(前者が12人、後者が6人、裁判官を入れて計9人)という違いの他に、有罪か無罪かを決めるのみで量刑は決められない、証拠を調べたり質問することが出来ない、評決を決めるまで裁判官の関与は一切ない、評決は全員一致が必要。



日本は量刑を決めるし、証拠書類の取り調べや質問もするし、裁判官と一緒に審議するし、過半数で評決を決定するので、かなり違う。



こういった背景から、疑わしいけど、決定的な証拠もないロバートダーストは現在まで判決が下ることはなかった。






目次にもどる

ロバートダーストの現在



ロバートダースト事件 (5)



ロバートダースト事件の裁判は現在もなお行われており、現在は新型コロナウイルスの影響で、裁判は中断されている。



記事内容


ロサンゼルスの裁判官は、新しいコロナウイルスの感染の恐れを理由に、数百万人のニューヨークの不動産相続人ロバート・ダーストの殺人裁判を3週間延期しました。



6日間進行中で、5か月かかると予想される裁判は4月6日まで延期されると発表。 金曜日に、ウィンダムは、ウイルスの伝播を避けるために、12人のand審員と12人の補欠がギャラリー席を使用して互いに離れて座る計画を立てていました。


しかし、計画が成立する前に、彼は代わりに訴訟を遅らせることに決めました。 ロサンゼルス郡の裁判長は、郡内のすべての裁判を法的に可能な限り30日間延期することを推奨しており、同じ期間に新しい審員を召喚しないように命じました。




ダーストは、2000年12月に自宅で友人のスーザン・バーマンを殺害する裁判を行っています。検事は、ダーストが妻を殺したことを知っていたため、ダーストがバーマンを撃ったと述べました。死。 インタビューを含むHBOドキュメンタリー「The Jinx:The Life and Deaths of Robert Durst」の最終エピソードの放送前夜にダーストが逮捕されてから、待望の裁判が5年間にわたって行われていましたダーストが彼の起訴につながりました。





目次にもどる

ロバートダースト事件は無罪になる?






上記の通り、アメリカでは陪審員全員が有罪と一致しないといけない。



これはミランダ・ルールといい、英語で法廷はコートと呼ぶ。このコートとはテニス・コートのコート。 日本だと法廷は容疑者を裁く場という概念が強いけど、アメリカだとコートで試合をするごとく、被告側と検察側が証拠や証言、それに対する反論、論理の応酬といったものが行われテニスのラリーのように形容される。




ここでは検察側と被告側は同等。
裁判官はいわば両者に反則がないか?を見極めるジャッジ。裁決よりまず法廷の進行を監督する事が第一義と考える。 それに市民革命以来のデモクラシーと人権思想が相互に深く絡みつき今のような裁判になった。





結論として一人の被告と警察・検察は同等であるという考えなので、裁判所の役割はまず真犯人を探し罰する事より、真犯人捜しが人権やデモクラシーを侵害しないやり方でなされているか、がポイント。



それができないのではあれば、ロバートダースト事件は無罪となり、真相は闇に葬り去られて終わる。









スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを残す
「※、米、>>」でコメント欄へのポップアップ付き安価が飛ばせます。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ページトップへ戻る